CLICK HERE to learn about our COVID-19 safety protocols

実話

ニューヨーク・タイムズの批評家たちに選ばれた本作では、航空機の強制着陸のため、7千名もの乗客たちがニューファンドランドの小さな村に迎えられた驚くべき実話に基づいたストーリが描かれています。文化の違いで衝突が起こりますが、やがて緊張感は信頼へと変わり、音楽が夜を彩り、感謝の心は永遠の友情へと育っていきます。ニューズウィークが「最高のミュージカルによるパフォーマンスとは、このようなショーのこと。二度と離れたくないような、そんな場所に連れて行ってくれる!」と絶賛するハラハラドキドキのショーをぜひ御覧ください。

9月11日に世界は停止した。翌9月12日は彼らの物語が世界に感動を与えた

「ブロードウェイそして世界で沸き起こる斬新な感動
Seattle Times

ロックへようこそ!

ブロードウェイで上演中の『カム・
フロム・アウエイ』は驚くべき実話に基づいたショーです。

0

詳細

ニューファウンドランドの音楽

カム・フロム・アウェイ(Come From Away)では、伝承されてきたケルト民謡、英国諸島色の濃いフォークロック楽譜、そして世界のミュージックがブレンドされた歌曲がショーを盛り上げます。

このミュージカルでは、8編成のバンドが、物語と同じくらい独特な楽器を用いてステージ上で演奏します。

Guitars
ギター
Pennywhistles
ペニー・ホイッスル
Accordians
アコーディオン
Bodhrans
バウロン
Violines
フィドル
Screech-in

スクリーチ・イン

「スクリーチ・イン」(タラへ接吻することを意味する)は、ニューファウンドランドで継承されている新来者に対する歓迎儀式です。自然な流れとして、『カム・フロム・アウェイ』のグループも、この儀式で受け入れられました。

ニューファウンドランドの住民は通常、この儀式をパブで行なわれます。

新来者はタラにキスをし、住人から「お前さんはスクリーチャーなのかい?」と聞かれます。新来者は「Deed I is, me old cock, and long may your big jib draw!」と返答しなければなりません。この返答を翻訳すると「もちろんだ友よ。君の船に常に追い風が吹くことを願う」となります。 この段階で互いにスクリーチ(ラム酒の一種)をショットで飲み干すと、「ニューファウンドランド・スクリーチャーズ王室政令」に基づき、スクリーチャー認定証が授与されます。